2015年05月25日

須磨離宮公園

5月19日に、須磨離宮公園へ行ってきました。
  (二人の思い出の所へ・・・)

広大な庭園、綺麗な噴水、バラ真っ盛り!!

suma-01.jpg

suma-02.jpg

suma-22.jpg


suma-27.jpg

  涼風に吹かれながら・・・のんびり楽しんできました。

  帰りに須磨寺によって、、、敦盛の首塚にお参りして、、、

多くの写真を、「デジカメ風来坊」に掲載しています。
   http://www.geocities.jp/fufuyuyu21/

posted by MASA at 23:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

葵祭 社頭の儀

5月15日、京都 葵祭に行ってきた。

葵祭は、もともと 勅使が賀茂の神に進物を奉ることがルーツだそうで、
下鴨神社と上賀茂神社において、
御幣物と御祭文を奏上する社頭の儀(しゃとうのぎ)がとり行われる。

その際に、斎王代はじめ供奉する女人列が、徒歩で楼門から入場されます。
今度、下鴨神社境内の拝観席で見学してきました(10年ぶり)

素敵な女人列の写真を掲載します。

◆斎王代
 十二単衣に小忌衣(おみころも)を着て、心葉(こころば)とよばれる装飾品を頭に飾ります。
 垂髪(おすべらかし)からは日陰糸と呼ぶ白い組紐(くみひも)の飾りが両脇に・・・
 檜扇(ひおうぎ)を手にしたその姿は、優雅〜〜

aoi-15-01.jpg

aoi-15-02.jpg

 ※路頭の儀では 腰輿(およよ)に乗っておれれます。


◆命婦(みょうぶ)と呼ばれる高位の女官

aoi-15-03.jpg

◆騎女(むなのりおんな)
  神事を司る女官で、騎馬で参向する。
  下鴨神社では馬を降り、長い裾を曳いた姿は優雅。。。

aoi-15-04.jpg


◆釆女(うねめ) と呼ばれる女官
うねめ。斎院の神事を司る女官で、斎王代同様、額の両側に日蔭糸を垂れ流す。
 青海波模様の装束がすがすがしい〜〜

aoi-15-05.jpg

以上、女人列の入場の様子です。


posted by MASA at 21:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする