2016年08月10日

坐摩神社 さぎ草

昨日、坐摩神社のさぎ草を見にいった。

神社の神紋「鷺丸」(さぎまる)に因んで、丹精込めて育てられているそうです。
はじめて見ました。
20〜40センチの細い茎に、 直径約3センチの小さな花をつけています。
可憐な 白い8月の花。

三ツ鳥居の東の門  今年は両脇に「さぎ草」と書かれた青地の布が・・・

sagi-854.jpg

sagi-831.jpg

本殿前のヨシズの下に、サギ草が・・・

sagi-837.jpg



sagi-836.jpg

sagi-835.jpg

sagi-833.jpg

  sagi-841.jpg


横にも沢山並んでいました。
sagi-847.jpg


   sagi-848.jpg


御朱印

   



<余禄>

・「上方落語寄席発祥の地」の碑

   sagi-844.jpg

・「明治天皇聖躅碑」
   sagi-805.jpg


posted by MASA at 15:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真/散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さぎ草大きく綺麗に写されていますね。
2〜3年前私その朝ラジオで座間神社のサギ草が
いま見ごろというのを聞いて朝早く出かけて見てきました。

とにかく暑かったので写真を撮って早々に帰宅しましたので 明治天皇聖石碑も全然気が付きませんでした
どのあたりにあったのでしょうか
Posted by コスモス at 2016年08月25日 16:33
コスモス様 コメント有難うございます。
サギ草のことはコスモス様から教わって、初めて知ったんです。
やっと今年見ることができました。
可憐な 白い花〜〜〜

「明治天皇聖躅碑」は、入口の右側奥の塀際に、
  ひっそりと建っていました。


Posted by MASA at 2016年08月26日 06:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440921348

この記事へのトラックバック