2016年08月24日

住吉大社セミナー 2016年 7月・8月

7月25日  『 祭礼図に描かれた住吉祭 』
 講師 : 岡田一充 先生 (関西大学 教授)

 ・住吉祭の行列を描いた絵画、屏風絵が10件ほど紹介された。
   (私は 堺市図書館所蔵の屏風絵しか知らなかったが・・・)
     配布の図やスライドが不鮮明で、ちょっと理解しずらかった。

 ・渡御の神輿が大和川に入る理由が解った・・・
    明治30年、大和橋は工事中の木造の仮橋で、
    200名が神輿を担いで渡るのは危険なため、
    浅瀬を選んで川中を渡った。  〜〜そうです (納得)

===============================

8月8日  『 真田幸村と大阪夏の陣の落人たち 』
 講師 : 鶴崎 裕雄先生 ( 帝塚山学院大学名誉教授)

  〜〜史料をいかに読むか〜〜

  ・「駿府記」:家康の動静の編年風記録
  ・「三河物語」(大久保忠敬)より
  ・「おきく物語」 淀殿に仕えたお菊の回想談を、孫の医師からの伝聞
  ・「河内屋可正日記」
  などが紹介された。
posted by MASA at 06:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック