2012年01月24日

かんさい絵ことば辞典

昨年11月に、NHK大阪「ニューステラス関西」でとりあげられた、
『かんさい絵ことば辞典』という本。
面白そうなので図書館に依頼、やっと順番がきて、借りることができた。

著者:ニシワキタダシさん(イラストレーター)

ひとこま漫画のイラストと柔和な関西弁が並んでいて、気軽に楽しめる。

  gyosan.gif


ホームページもあることも解った。
『かんさい絵ことば辞典』
http://ameblo.jp/kansai-ekotoba/


めっちゃ おもろいで!・・・
   ほな さいなら〜〜〜

posted by MASA at 16:37| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

ろは

<大阪弁 第11話>

劇団往来の公演『虫』は、大阪の古い芸人横丁が舞台。
  劇中に出てくる 解りにくい会話を。。。
   ・会場でのパンフに記載されていたものです
   ・すべてが大阪弁かどうか知りませんが、私も昔 聞いたことあるでぇ?


アプレ

  フランス語でアプレゲール。正統派でない邪道なこと。
  しゃべくり漫才でない異色な漫才は、アプレ漫才と呼ばれた。

ええし
  金持ち、上流家庭で育った人。

かさ
  分量、度量
  「積んだ芸のかさが違うさかい」

くりからもんもん
  倶利伽羅 紋紋 と書く。 刺青のこと。
  倶利伽羅不動明王が剣を持って立つ姿が描かれた背中一杯の刺青。

しぶちん
  けち、けちんぼ

しんきくさい
  じれったい、まどろっこしい
  「辛気臭い やっちゃなぁ」

そこひ
  目の病気 白内障

ちょか
  落ち着きのない人、おせっかいやき

てっかんびーる
  鉄管ビール、水道の水のこと。
  「お金がないから 今日は鉄管ビールやぁ」

べんちゃら
  お世辞 とってつけたほめ言葉

ほうばい
  朋輩と書く。仲間、親友のこと。

ぼんつく
  馬鹿にすること。

りんき
  悋気と書く。 嫉妬、やきもち

ろは ( ロハ )
  無料を表す隠語。 タダ(只)の漢字から。

posted by MASA at 23:20| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

こなから

<大阪弁・・・か どうか解からんが 第10話>

先日、 桂文珍さん「星野屋」のマクラで、、、
 『こなから』  という言葉が でてきましたなぁ〜

ちょっと古い昔、大阪では、
落語のほぉには、お手掛けさん、と言ぅ〜のが出てまいりまして、
関西では「 お手掛さん 」と呼び、関東では「 お目掛さん 」と言います。
手ぇを掛けるのか、目ぇを掛けるかの違いで、やる事はほぼ同じだ。と、
ほぼ同じとは、どのような事なのか私にも良く分かりませんが、、、


そして、お手掛さんの事を、関西では柔らかく 「 こなから 」 とも言うそうですなぁ。  
  “半” と書いて “なから” と読みます。
  一升マスの半分、 五合を “なから” マスと言います。
  さらに その半分、を “小半” と書いて、 「こなから」と言うんです。
  1升の1/4ですから 二合五勺 → 二合半

 「こなから」 は 「二合半」、→ 「にごうはん」、→ 「二号はん」、
   「二号はん」 は 「おてかけさん(おめかけさん)」ということ。

解かっていただけましたでしょう〜か なあぁ〜

お後がよろしいようで・・・



posted by MASA at 01:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

おもろない

<大阪弁 第9話>

大阪弁では『面白くない』ことを  『 おもろない 』 と言いますなぁ

「く」が「う」になる。  そしてその「う」が省略されるんですわぁ。

  赤くなる  → 赤うなる  → 赤なる  (あこなる)
  暗くなる  → 暗うなる  → 暗なる  (くらなる)(くろなる)
  遅くなって → 遅うなって → 遅なって (おそなって)
  面白くない → 面白うない → 面白ない (おもろない)
  高くなる  → 高うなる  → 高なる  (たこなる)
  暑くなって → 暑うなって → 暑なって (あつなって)



posted by MASA at 17:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

せっしょや なぁ〜

<大阪弁 第8話>

個々の熟語は標準語と思いますが、

「 なぁ〜 」を付けて会話で使うと、やっぱり大阪弁でんなぁ〜

  「 せっしょや なぁ〜 」   :殺生(せっしょう)
  「 なんぎや なぁ〜 」     :難儀(なんぎ)
  「 しんきくさい なぁ〜 」    :辛気くさい
  「 けったくそ悪い なぁ〜 」  :卦体糞悪い
  「 どんくさい なぁ〜 」    :鈍くさい

 
posted by MASA at 02:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ほな・・・

<大阪弁 第7話>

日常の会話で、何気なく使っている言葉でも、
  関東の人にはさっぱり理解できない言葉、
    そんなのを 並べてみた。 他にもいろいろあるやろなぁ〜〜


◆なおす
  『この本、なおしといて、、、』 ・・・修繕するんとちゃうんや、
    「なおす」とは大阪弁では 「片づける」という意味ゃ。
    元の位置に戻すことゃ。
    前へ習え、直れ、の直れと同じ意味らしい。

◆ほかす
  『そんな しょうもないもん、はよ ほかし〜〜』
    「ほかす」とは、「捨てる」という意味。
    「放下(ほうか)す」という古語が転じたものらしい
    うち捨てておく、捨てる、うっちゃるという意味の標準語であったそうな。

◆わや
  『さっぱり わやや』
    ものごとがうまく進まず、にっちもさっちもいかなくなったときなどに、
    ため息まじりに つぶやきますなぁ。
    だめなこと。 めちゃくちゃ。 「わやくちゃ」

◆へてから
  接続語の一種 『それから』 『〜してから』 の意。


◆ほな・・・
   それじゃ〜〜 という意味ゃ。
     注文した物が品切れの際に『ほな・・・○○にしとくわぁ〜』 

   わかれ際に言う台詞。 『 ほな・・・また〜〜 』 
     これは最高の大阪弁の会話やねぇ〜

◆さいなら
   別れの挨拶、「さようなら」 という意味。



   『 ほな・・・さいなら〜 』


posted by MASA at 21:31| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

言葉を2度繰り返す

<大阪弁 第6話>
我々大阪人の会話では、言葉を2度繰り返しますなぁ〜
  なんでか知らんけど、、、

   「ちゃう ちゃう 」
   「そや そや」
   「あった あった」
   「行こ 行こ」
   「ほんま、ほんま」
 こんなんが うまく使いこなせたら、喋れたら、、、
 大阪弁でんなぁ〜〜
posted by MASA at 14:26| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

目ェ 手ェ 歯ァ

<大阪弁 第5話>

大阪では、単音を伸ばして発音しますなぁ

  ・気ィつけや
  ・背ェくらべ
  ・木ィの葉ァ散ってしもた
  ・目ェ回るわぁ〜
  ・ええ値ェやなぁ〜
  ・毛ェ抜けるわ

   目ェ 手ェ 歯ァ 血ィ 胃ィ 根ェ 輪ァ 戸ォ など



posted by MASA at 21:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

大阪弁の「しゃれ言葉」

<大阪弁 第4話> 

古典落語のまくら や 大阪の解説本などで ときどきお目にかかりますが、
一般には 全く聴くことも 使うことも なくなってしもうたなぁ〜
記録しておいた事例の一部を紹介しますわぁ〜

【例1】 「あの人なぁ〜 “ 白犬のおいど ”みたいな人やな。」

【例2】 「あいつは“ うどん屋の釜 ”やさかい、あてにせんほうがえぇで〜。」

【例3】 「あの子どないしてるやろか。」 「 “ 猿のしょんべん ”やわぁ。」

【例4】 「ああー! “ 雨降りの太鼓 ”やがなぁ!」

【例5】 「今月も“ 女にふんどし ”でさっぱりや。」

キツ〜イことでも「洒落」で言うて人間関係を気まずくさせない」・・・。
 そんなことに効果がある パワーのある話し言葉やったんですって。
  意味が解かると、おもろいもんでっせ!!
   でも最近使う人、おれへんでぇ〜



<<意味の解からん方は、教えまっせ!>>

“白犬のおいど” → (尾も白い)→ 面白い
    「あの人“白犬のおいど”みたいな人やな。」

“うどん屋の釜” → (湯ぅばっかり) → 言うばっかり
    「あいつは“うどん屋の釜”やさかいあてにせんほうがええで。」

“猿のしょんべん” → (木にかかる) →  気にかかる
   「あの子どないしてるやろか。」 「“猿のしょんべん”やわ。」

“雨降りの太鼓”  →  (ドン鳴らん ) → どうもならん
  「ああー! “雨降りの太鼓”や!」

“女にふんどし” → (食い込む一方 ) → 赤字続き
   「今月も“女にふんどし”でさっぱりや。」





posted by MASA at 23:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

せぇへん

<大阪弁 第3話>

★否定する場合の言い方、
 「〜ない」と言わずに、最後を「〜ぇへん」と言いますなぁ。

    行かない →  行けへん
    食べない →  食べへん
    しない  →  せぇへん
    出来ない →  でけへん

★そして、語尾をあげると「問い掛け」になりますが。。。
   本音は「同意を求めているんですよ」
   ここらが 微妙なところでして、、、
        上手に聞き分けて、返答せんとあきまへんでぇ〜

posted by MASA at 01:37| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

やすもん

<大阪弁 第2話>

「〜もの」と言わずに、最後を 「〜もん」 と言いますなぁ〜


  安物  (やすもの)   → やすもん
  偽物  (にせもの)   → にせもん

  洗濯物 (せんたくもの) → せんたくもん
  履物  (はきもの)   → はきもん
  食べ物 (たべもの)   → たべもん
  飲み物 (のみもの)   → のみもん
  果物  (くだもの)   → くだもん
  鍋物  (なべもの)   → なべもん

  男もの (おとこもの)  → おとこもん
  女もの (おんなもの)  → おんなもん
  冬もの (ふゆもの)   → ふゆもん
  夏もの (なつもの)   → なつもん

私自身およびその周囲では こんな風にシャベリますなぁ。


posted by MASA at 01:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

えべっさん 【大阪弁】

今日はもぉ〜10日。今宮戎神社の「十日戎」。

  でも 誰もが 「えべっさん」 といいますなぁ〜

   (今年も えべっさん へ 往けへんかったけど)
     大阪弁、大阪の「しゃべり言葉」を綴ってみようかな〜

★「〜さん」をつけますなぁ〜

 神社やお寺、神様や仏様に、「〜さん」をつけて呼びます。
  「様」「さま」と言うべきところを、「〜さん」と親しみを込めて呼びますなぁ〜。
えべっさん
   恵比須神→ 「えべっさん」  (恵比寿さん)
   住吉大社→ 「すみよっさん」  (住吉っさん)
   天神様 → 「てんじんさん」  (天神さん)
   弘法大師→ 「おだいっさん」  (お大師っさん)
   四天王寺→ 「てんのうじさん

 そして、挨拶でも、
   おめでとう   → おめでとうさん
   おはよう    → おはようさん
   おまちどうさま → おまちどうさん
   御馳走さま   → ごっつぉさん(御馳走さん)
   ご苦労     → ご苦労さん
   お疲れ     → お疲れさん

 さらに、食べるもんでも
   豆    → おマメさん
   いも   → おイモさん
   お粥   → おかいさん

すべて大阪弁?大阪のしゃべり言葉? か どうか知らんけど、
私自身およびその周囲では こんな状況でシャベリますなぁ。
posted by MASA at 17:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする